借入 嘘の申告はだめ “金融商品を利用するためには必ず審査を通す必要があります。審査では信用情報を照会するため、自分の名前や生年月日から今働いている会社の執行状況、年収、利用目的等様々な申告をしなければなりません。その中にはセンシティブ情報と呼ばれるものも含まれているため、本来はその情報の取り扱いは厳重に行わなければならないのですが、伝えにくい情報があるからといってそれらの情報に虚偽の内容を含んでしまうと、ほぼほぼの確率で審査は拒否されてしまいます。

例えば、フリーローン契約等では総量規制という決まりがあります。それは何かと言うと、個人年収の3分の1以下の金額になるように設定をしてその金額を上限としてしか貸し出しができないと言う決まりです。この金額を超えて良いローン契約と言うのは、目的別ローンの契約と呼ばれるいわゆる住宅ローンやマイカーローンなど、その利用目的が制限されていてそのために借り入れをするものだけに限定されています。

例えばここで、自分の年収の距離があったり、利用目的の距離があった場合、法律で決められている(貸金業法)総量規制等の規定に抵触してしまうため、本来は貸金業者側もお金を貸し出すことができないものを頭してしまうことになりかねないため、虚偽の申告は現金とされています。

それに単純に考えてみても、嘘をつく人間に対して信用があるかといえばないに等しいと考えてよいでしょう。個人間でお金を貸す時も、嘘をつかれてしまってはお金を貸す金をせてしまうでしょう。それは金融業者の場合でも同じです。正直に何に対してお金が必要なのかを伝えて、その返済計画を提示してもらったほうが、安心して貸し出しができるでしょう。

ちなみに万が一、虚偽の申告をして審査が否決されたなどがあった場合、その過去の経歴は個人信用情報として登録されてしまいます。そのため、1つの金融業者で嘘が発覚して審査がNGになったとした場合、他の金融業者でも審査の時にその情報を照会されてしまう場合があるためほぼ高確率で借り入れを受けられなくなります。

影響が出るのはローン契約だけではありません。例えば携帯電話の分割契約や、クレジットカードの審査などにも同じように影響を受けます。お金の話で嘘をついてろくな事はありません。本当にお金が必要なのであれば正直に何に対して必要なのかを明確にした上で、自分でも計画性を持って借り入れをするようにしましょう。” 他社借入れがあると審査に影響するのか? “ある金融業者からお金を借りたとして、その業者で許容された金額では足りずに別の金融業者に審査を依頼する消すのは少なからず考えられます。そうした際に、他社の借り入れがあると審査に影響するか、ということですが良い意味でも悪い意味でも影響を受けます。

この場合の良い意味と言うのは、現在借り入れを受けているものではなく、過去に借り入れを受けていたもので返済が完了したもののことを指します。この過去の借り入れの関西履歴のことをクレジットヒストリーと言うのですが、このクレジットヒストリーがあると言う事は、過去に審査を通過して心を勝ち取りお金を借りたものをしっかりと返済する能力を持って対応していると言うことの証明になりますので、次に借り入れを受ける際にも良い影響を受けることとなります。

逆に悪い意味で影響受けるのは、あまりにも多くの業者から既に借り入れを受けている場合や、すでに総量規制(年収の3分の1までの金額のみ貸し出し可能とする規定)の金額内ギリギリまで貸し出しをされている形跡がある場合、後は現時点で滞納がある場合などが挙げられます。

先に挙げた事例というのは、お金を貸し出しをする上に置いて返済能力や返済金額の支払い可否に疑問を持ってしまう要因ではあるため、借り入れを受けるでは大きな足かせとなることが考えられます。

もちろん、上記に挙げたケースが該当した場合でも審査に必ず落ちると言うわけではありません。ですがその中でも滞納など、明らかに貸し出しの規約に違反している形跡を確認した場合は、ほぼ100パーセント借り入れはいられないと考えても良いでしょう。

後は、他社借り入れがあると審査に影響する、という点においてはおまとめローンだけは少々特殊です。というのも、このおまとめローンというのは複数の借り入れを1つにまとめるためのものなので、そもそも複数の借り入れがあることが前提での目的別ローンの分類になります。ただし、他社借り入れがあることが前提とはいえども、その業者で才能がある場合等については同じように審査に対してNG判定が出る可能性が非常に高く考えられます。

いずれにせよ、単純に考えて他社の借り入れがあると言う点において、返済に対して疑問をもたれるであろう要因、要素はすべて何かしらの影響を受けると考えても良いでしょう。1番良いのは、他社の借り入れがない状態で、かつ今まで金融関連で問題を起こしたことがないと言う状況です。
” 他社借入があってもカードローンの審査に通る条件 “金融商品の審査と言うのは、まず必ず通条件と言うものがそれぞれの業者にあるわけではありません。審査基準はどの業者も開示していないため、その人のどの基準をどのように見比べて審査の結果を出しているのかは、一般ユーザからは判別がつかないようになっています。

そのため、他社の借り入れがあったとしてもカードローンの審査が必ず通ると言う確約を持ってどうすれば良いかと言う方法を述べる事は難しいのですが、少なくともマイナスの要因に捉えられない内容というのはあります。

他社の借り入れがあった際で考えるならば、まず原則として滞納がないことがあげられます。滞納は、金融業者の中では1番嫌われる要素ですので、そもそも滞納してしまう位の収入状況でさらに借り入れをすると言うこと自体論外なことであると考えられます。それは審査の過程で金融業者も同じことを考えてきますので、やはり審査はほぼ確実に落ちると考えてよいでしょう。

あともう一つは、滞納がないと言う条件に少し近いのですが、金融事故を起こしていないことがあげられます。

この場合の金融事故と言うのは、債務整理のことを指します。債務整理は法律に則り、契約者の権利に基づいて対応できるものですので、消して利用すること自体が悪いと言うわけでは無いのですが、やはりいちど貸し出しをしたものを返してないため帳消しにする、もしくは減額をすると言うことを過去にしているのであれば、金融業者側としては支払い能力がないと判断されてしまう可能性があります。それは、過去に債務整理をしたと言う形だけではなく、現在債務整理中である場合は債務整理中であることが個人信用情報上に掲載されるためすべての金融業者に共有されることになります。それに債務整理中はそもそも新しい借り入れをしないことが最低条件になりますので、借り入れをしようとすること自体がそもそも間違いなのです。

審査の基準や過程と言うのは各業者で個別に選定されているものなので審査自体に対する攻略法というものはそもそも存在しません。そのため、タイトルにあるようなカードローンの審査に通る条件と言うものはそもそも存在しないのですが、カードローンの審査に通らなくなる要因と言うものあげるのであれば上記の物がまず考えられます。逆に言えば、それらの業者側の不安要素さえなければ、審査に通る可能性が格段に上がるという事でもあります。自分の信用情報がどのようになっているのかを知りたい場合は、CICなどの信用情報機関に情報開示を求めることができますので、確認してみても良いでしょう。” 他社借入があっても借入可能?2.3社の場合 “現時点で他社の借り入れがある状態で、新しい借り入れを行うとした場合ですが、仁間3間程度の借り入れであれば、大手金融業者でも新の貸し出しをしてくれる可能性はあります。

ただし、借り入れの現在の状況や、年収などの総合的判断をもとにして貸し出しの際には審査が行われますので、借り入れしている業者が少ないからといって、いつも通りの審査の基準で対応されるとは限りません。むしろ現在借り入れ中と言うことであれば、毎月の返済額がかさむことが想定されるため、審査の上では不利な要因となります。その振りの要因を含んだとしても返済するには問題がない方だと判断がされた場合に、審査は可決されるものだと考えても良いでしょう。

1番理想的なのは、現時点で借りている他社の債務をすべて返済して行ってから再度借り入れをすることです。当たり前のことではあるのですが、ちゃんとした理由もあります。

今の時点で1ヵ月で返済をしなければならない金額が減っていると言う事についても、返済能力の有無の確認の点でも信用が増しますし、何より過去に金融商品を利用して返済をしたと言う形跡が信用情報上に残っていると、その人には返済能力と責任感が備わっていると言う証明にもなりますので、業者側安心をして貸し出しをしてくれる可能性が高くなるのです。

他社の借り入れが2件、3軒程度であれば業者の許容額の問題もあって複数の業者にまたがっていると考えられる場合もあるので、そして大きな不安要素で取られる事は無いと考えても良いでしょう。ただし業者の数だけで言えばの話です。たとえ借入している業者が少なかったとしても、年収に対して借入額があまりにも大きいと判断した場合は、いくつにもまたがって借り入れをしなければならないほど生活が逼迫していると考えられる場合もあり、捉え方次第と言えばそれまでなのですが審査に悪影響及ぼす可能性も十分に存在しているので決して2件や3件であっても金融商品の利用に際しては不利な状況であると言う事は知っておいても良いかと思います。そもそも複数の業者から借りなければいけないような状況かと言うのは望ましい状況ではないため、金融業者であれば審査の時に必ずそのようなことを考えて審査をしてきます。たとえそれが事実であったか否かは別として、前提で審査されるものなのです。

もし、新しい借り入れが複数目の業者になるのであれば、前に借りた業者の分もまとめて借りて、他社の借り入れ分の負債をまとめて1つにまとめたいと言う理由が備わっていれば、その信用があれば貸し出しを受けられる可能性も上がります。” 他社借入があっても借入可能? 4社の場合 “複数の金融業者からお金を借りている状況でさらにお金を借り入れしようとした場合、その他の業者から借りていて現在返済中と言うステータスだけでも審査においては不利になります。不利になるだけで審査が通らなくなるわけでは無いものの、やはり借り入れをしている業者の数が多ければ多いほど不利になる事は間違いありません。

それが例えば2社や3社であれば、まだ借りるが複数行われる許容範囲の範疇で見られることもありますが、4軒目あたりからはやはり審査もかなり厳しくなると考えても良いでしょう。

大手の金融業者であれば、1番最初の貸し出しの際には、返済能力に問題がないと判断された場合にはほぼほぼ総量規制の対象金額までを上限として貸し出し可能と設定する場合などがあります。なので、本来であれば大手金融業者一社を契約するだけでこと足りるはずなのですが、例えばそこ小規模の金融業者は複数にまたがって借り入れをしているなどであった場合、100万円を1つの大手金融業者で借りるのと4つの小規模の金融業者から借りるのとではニュアンスが変わって受け取られます。

単純な話ですが、大手金融業者は審査が厳しい分借入額が大きくなると言う点があるため、信用情報に心配がある人はあまり自分から大手金融業者を選ぶ傾向にありません。逆に小規模の金融業者がコマーシャル力のなさから審査の可決率で顧客を獲得する傾向にあるため、たとえ小額であったとしても審査に通る可能性と言うのは大手金融業者にも高いと言われています。そこを狙っていくつかの会社から借り入れをすると言うケースはあるため、そうした魂胆は審査の際に見受けられた場合と言うのは何かしらの金融情報に問題があるのではないかと疑われる要因になります。

ただしこれが返済済みであれば話は別です。返済済みの借り入れ情報はクレジットヒストリーと呼ばれるものとなり、借り入れしたものはきっちり編成するだけの返済能力と計画性があると言う信用たる証明になる情報ですので、たとえ小規模の金融業者を複数個にまたがって借り入れしたとしても、返済さえしてしまえば疑われる可能性は極端に低くなります。

今現時点で借り入れをしている金融業社の数が多ければ多いほど、なぜそんなそれだけの数の金融業者から借り入れをしなければならなかったのか、本来聞かなくても良いような情報を聞かれてくる可能性もあるため、審査に際してはとても不利だと言えるのです。” 他社借入があっても借入可能? 5社以上の場合 “他社借り入れをしている状況で、かつお金がまだ必要な状態でさらに審査を行うとした場合の新車の可決率についてですが、新しい契約をする前の今返済中の金融業者が5つ以上ある場合というのは、どの業者でもほぼ100パーセント貸し出しはしてくれないものと考えても良いでしょう。

例えばですが、これが金融業者ではなくあなたが今から新しく友人にお金を貸す側だとします。その友人は、1人は今までお金を借りた事はあるものの、いつも決められた時間に決められた金額を返してくれるので、また貸してほしいと言われたときに安心して貸し出しをすることができる人です。ただし釣りに行きたい言う人は、周りからも何円もお金を借りつつ、しかも返済の期日を忘れていたり、借りていると言うことを忘れていることが多いため、いつもお金のトラブルになってしまうと言うことを噂で聞いていた人だとします。最初の信用できる友人と比べたとして、あなたはその人にお金を貸しますか?

上記はあくまでも一例なのでとても単純なケースではありますが、審査でも同じことを考えていると言っても過言ではありません。何軒も借り入れをしている状態と言う事は、それだけお金に逼迫していたり、他の金融業者からの返済分をあの業者から借り入れをして賄っているいわいる自転車操業と言うものに陥っている可能性が高いと判断するのが一般的でしょう。その業者が多ければ多いほど不利になるにもかかわらず、いつもその業者が存在しているとなると、信用ができるかと言えばほぼできないと考えるのが一般的でしょう。

もちろん、どの業者も5つ以上の業者から借り入れをしていれば貸し出ししてくれないと決まっているわけではありません。貸金業法でもそのような決まりがあるわけではないので、今から借り入れをしたいと考えている業者がその内容でも審査を通す業者なのであれば、審査はおそらく通るでしょう。

ですが実際にはそんな都合の良い業者はありません。もしそんな業者が存在していたとすれば、今頃インターネット上などでも騒ぎ立てられてとても有名になっている事でしょう。

お金と言うのは、実は法律上でも人の命以上に厳しく取り締まられているものだと言われています。それくらいの価値が存在するお金を貸し出すこらには、それなりの信用が必要だということです。実際に、複数の契約をしている人と言うのは返済に困ったタイミングで債務整理をしてしまい、返済が強制的に終了するケースと言うのが多発しているといいます。つまり、その状況がいつつば存在していたとすれば、もう何一つ信用してもらえる状況ではないと言っても過言ではないでしょう。” 他社借入するなら銀行系を選ぼう “お金を借りるという方法は金融業者を介して契約すると言うだけではありません。銀行でも銀行カードローン提供している頃が多いため、そうしたカードローンを利用するのも1つの方法です。

銀行系カードローンの1番大きなメリットは、運営元が銀行と言うお金の面において1番安心できる存在であると言う点です。もちろん金融業者の信用ができないと言うわけではありませんが、ヤミ金と言う言葉が存在するように、業者に対しての信用度もピンキリなので、その店の判断がつかずに手当たり次第に審査をかけていると、ヤミ金の被害に遭ってしまった李、他にも安い金利で貸し出ししてくれる業者があったにもかかわらず高い金利で借り入れをするようなケースになることも考えられるのです。

それに比べて銀行系カードローンであれば、なぜ今には一般の金融業者よりも低いことが多くあります。これは、個人や法人の銀行口座の借入額を使い回していると言う点において、お金の出所が銀行系の方が潤沢であると言う背景があるようです。

さらには銀行系カードローンは一般の金融業者よりもかなり審査で厳しく選定されていると言われています。一般的にはれているのは、正社員や契約社員でも収入が安定していると判断できる方であったり、平均年収に相当する金額を稼いでいらっしゃる方など、フリーター等と比べると生活水準が高い人に対しての提供と見受けられます。

それだけのこともあって、まず銀行が提携しているATMでの入出金が可能であること、金利が低いこと、利用可能金額が高めに設定される、などがメリットとして挙げられます。
もしどこか1つでも一般の金融業者を利用していたとした場合で、2つ目の業者から借りるをしなければならないとするならば、その両者を銀行系カードローンにすることで、その業者の借入れ分もまとめて借り入れをし返済に充てることで金利を抑えると言うこともできますし、返済のしやすさなどの今後の利用メリット等も向上するといえます。

ただし、先述したように銀行系カードローンは審査がかなり厳しく行われています。そのため、まず審査の前に他の業者から借り入れをしていると言うことだけでも審査に影響する可能性があるため、他社借り入れをするためなら銀行選ぶと言うことでお勧めはしていますが、審査は難航する可能性もあることを承知しておく必要がございます。あくまでも、生活水準等が銀行系カードローンの基準にある程度満たしていると判断が取れていて、かつ返済計画がしっかりと見てあげられると判断された時に貸し出しが初めて行われます。”

投稿日:2016年11月19日 更新日:

執筆者: